予算1万円で最強のヘッドホン、イヤホンが欲しい。。。

PC・ガジェット

半年ほど前に当サイトにて『予算1万円以内でしっかりしたキーボードが欲しい』という記事を投稿しました。

この記事、実は僕のガジェットカテゴリー記事の中では結構アクセスがある記事なんですが、
今見返すと恥ずかしいくらいに記事が『雑な作り』なんですよね(笑)。
はてなブログ時代に、ネタが無くて渋々書いた記憶があります。

出来るだけしっかりとした記事を作ることを心掛けてはいるんですが、この記事は最近のものの中でも極めて適当に作った感があります。

雑に作ったのに、なぜか他の記事より閲覧されている。
それはそれでなんか複雑です。

そこで、今回は同じく「予算1万円で買える最強のオーディオ機器」を探す記事を作ろうと思いたったわけです。

スポンサーリンク

予算1万円で最強のヘッドホン、イヤホンが欲しい。。。

ここから少々長い前置きが入りますが、
興味のない方は読み飛ばして頂いて結構です。

僕は今、1年ほど前に購入した中華製のヘッドセットをPCに接続して使用しているんですが、
これが少しイマイチです。

 

@ガジェット置き場

このヘッドセットはデザインがシンプルで好みなんですが、長時間使用するとどうしても耳が痛くなってしまうんですよね。
というのも、僕はYouTubeで動画を再生しながら記事を作成するので、
記事を作っている間は基本的にこのヘッドセットをずっと装着しているんです。

さらに僕の頭は巨大なので、強く締め付けられます。
2、30分くらいならまだしも、1時間とか2時間とかずっと着けてると、耳だけでなく頭も痛くなってきます

さらに言うと、長さ調節部のパーツが耳当ての部分に入り込んでしまったせいで、頭を少し動かすと
カシャカシャカシャ」という不快な音が耳元で鳴ります。

@ガジェット置き場

プラスチックとプラスチックがこすれる音ですね。これが耐えられない。

まあこれに関しては保証期間だったこともあり、メーカー様に問い合わせしたところ、
定価の8割程度の返金をして頂きました。中華といえど侮れないです。

耳の負担を少しでも軽減するために、最近はスマホにBluetooth接続する用に買ったフルワイヤレスイヤホンをPCに接続して使っているんですが、
まあこれも正直微妙です。

こちらは半年ほど前にAmazonのタイムセールで購入した商品です。

先に言っておきますが、フルワイヤレスは最強に使いやすいですよ。
いちいち線に捕らわれずに済むし、トイレに行くためにいちいち取り外す必要もありません。
1度フルワイヤレスに慣れると、二度と有線には戻れないわけですが、
フルワイヤレスにはフルワイヤレスなりの不満点があります。

遅延に関しては許容範囲なんですが、
何といっても音が悪いし、安定しない。

ヘッドセットと比較しても、全く別の音に聞こえるんですよね
インナーイヤー型ということで、外の音を拾う代わりに、めっちゃ音漏れします。
電車に乗っている最中に着けようとして、
音漏れを気にして出来るだけ音量を押さえるんですが、電車の走行音が普通に聞こえるので、音楽をかき消してしまうんですよね。

それと、購入直後より確実に音が悪くなっている。

考えられる要因は、2つあります。
このイヤホン、独特な形状のせいで、耳にフィットしにくいです。そのせいで、道を歩いている最中に転げ落ちて、コンクリの上に幾度となく落としています。

2つ目に水が浸入したこと。
このイヤホン、一応耐水性が備わっているのですが、1度水に漬けてしまったことがあります。
その前と比べると、安定性が非常に悪くなった気がする。

文句ばっかり言ってきましたが、ここからが本題です。

今回のコンセプト

今回はPCに使用する据え置きのヘッドホンを探していこうと思います。購入先はもちろんAmazon。

予算はタイトルにもある通り、1万円

あと、昔に無名メーカー製で品質の低い商品をつかまされたことがあるので、
今回はある程度有名なメーカーの商品をコンセプトに探していこうと思います。

audio-technica ATH-M20x

audio-technica ATH-M20x

安い中華製品ばかりを買ってきたので、たまには有名メーカー製のヘッドホンも試してみようということで、まずはヘッドホンメーカー界のドン、オーテクの商品。
オーテクのヘッドホンの中では、約6000円と、結構安い商品です。
コイツは楽曲制作モデルの密閉型ヘッドホンです。

audio-technica ATH-M30x

上の商品の上位モデルに2000円高いM30xという商品もあります。

見た目はそっくりなんですが、こっちの方がレビュー評価が若干高いです。
まあどちらの型も有線モデルなので、自宅専用になりそうですね。

ATH-AD500X

 

これもも同じくオーテクの商品。
先の二つは密閉型なんですが、こちらは開放型です。
今使用しているヘッドホンは密閉型なので、開放型を試してみたいんですよね。
値段は1万円以下なので、予算の範囲内です。
調べてみるとこのヘッドホン、1万円以下で買えるのに、めっちゃ音が良いと評判です。
開放型なので、密閉型と比較すると多少つけ心地が良いかもしれません。圧迫されないしね。

オーテクの商品が続いてしまいましたが、Amazonで購入可能で1万円前後の商品で良さそうなのがオーテクの商品くらいしかないんですよね。

無名メーカーの商品ならたくさんあるんですが、今回は有名メーカーがコンセプトです。
もう少し予算を見積もればSONYとかの商品も沢山あるんですが、1万円以上の音響機器ってライトユーザーにとってはあまり変化を感じないらしいので、バカ高い商品を買うつもりはありません。

WH-XB900N

ご存じの方も多いと思います。SONY2万円超えの超高級品。

完全に予算オーバーですが、値段がするだけに、めっちゃ評判が高いです。
コイツはBluetooth接続と有線どちらもイケる仕様です。
1度試用したことがありますが、着け心地も悪くない。というかメッチャ良い。
しかもノイズキャンセリング付き。
外で使用するとき、PCでYouTubeや音楽を視聴するときBluetooth
FPSゲームをするときや、安定性を重視したいときは有線で繋ぐ。最高です。

AVIOT TE-D01g-BK

着け心地を重要視するなら、やっぱりフルワイヤレスですよね。
こちらの商品は日本のイヤホンメーカー、AVIOTの商品。
見た目もメッチャ恰好良いよね、シンプルで。
実はこのTE-D01g-BK、日本人の耳の形状に合うように設計されているとかいないとか。そんな噂を耳にしました。

耳穴にはめるだけで家でも外出先でも気軽に使える。
コイツは実際に店頭で試し聴きしたことがあるんですが、まあ音質は良かった。
僕が今使っている中華フルワイヤレスよりはずっと良かったです。

ただフルワイヤレスは、どうしても使うたびにボロが出るというか、安定性に不満が出てきたりするので、一概に良いとは言い切れないです。
PCで使用すると、どうしてもゲームをする際に遅延が気になります。
それに音質も同価格帯の有線と比較すると、フルワイヤレスはどうしても劣るので、PCメインで使うならやはり有線にしようかな。

Corsair HS70 WIRELESS


コルセアのワイヤレスヘッドセット、HS70も取り上げておきます。
なぜこの商品を挙げたかというとズバリメーカーです。
僕は今コルセアのキーボードを使用しています。
今使用しているマウスをそろそろ買い換えたいんですが、コルセアのマウスの購入を検討しています。
だったら、ヘッドホンもコルセアにしちまえば統一感があって良いんじゃないか。そういう訳です。コルセアのヘッドセットの中でいい感じのがこれでした。
コイツはワイヤレスのゲーミングヘッドセットということで、かなり低遅延らしい。

まとめ

色々調べた感じだとこんな感じですね。
1万円だと微妙な価格設定で、Amazonだとあまり商品がありませんでした。

例えば3~5千円くらいだと、有名メーカーから無名メーカーのものまで、沢山商品があります。

もう少し予算を見積もって、2万円くらい出せば、さっきのSONYみたいな高級ヘッドホンが色々販売されています。

1万円て微妙な価格帯なんですよね。

そう考えるとオーテクは色々な価格帯で色々な商品が出ているので、そこは流石だなと感じました。

第一候補は1番最初に紹介したATH-M20xかな。

マイクの購入も検討

最後に取り上げたコルセアのヘッドセット以外を購入した場合、新しくマイクを購入することを検討しています。
マイクを購入しないと、音声チャットが利用できないですから。

音質にはそこまで拘らないです。別に動画を作ったりするわけではないので。
予算は4~6千円を予定しています。

それか超絶安い商品を買って、ブログのネタにするとか。まあまだ検討の段階ですけどね。

以上です。

コメント