予算1万円以内でしっかりしたキーボードが欲しい

ガジェットレビュー

Nintendo Switchを買うまでブログネタが枯渇しつつある今日この頃ですが、新しいメカニカルキーボードが欲しい。


Amazonで売っている廉価グレードの中華製のキーボードでも良かったんですが、

たまにはいいやつを買ってもいいじゃないか。

ということで、予算1万円で買えるコスパのいいキーボードを探していこうじゃないかと思ったわけです。

できればテンキーレスでね。


正直、今の時点で誰得の記事になりそうな予感がプンプンしているのは内緒です。

スポンサーリンク

予算1万円以内でしっかりしたキーボードが欲しい

 軸は何軸にするのか

メカニカルキーボードの軸に関しての補足事項。

(キーボードオタクの方にはとっては分かり切ったことだとは思うんですが、一応キーボード軸について補足を置いておきます。)

軸とは、メカニカルキーボードに搭載されているスイッチの種類です。

軸によって打ち心地が変わるんですが、その中から自分の好きなものを選べる、という仕様になっています。

今回は候補になりやすい王道キースイッチを3つ紹介しておきます。

赤軸…スコスコとした打鍵感で、恐らく1番人気の高い軸。

打鍵音は静かで、長時間使用する場合やゲームでチャットをする際に打鍵音を気にする方に向いているかなという感じです。

青軸…こちらも王道キースイッチです。

カチカチという打鍵音が特徴のスイッチですね。

キーを打っていて気持ち良いんですが、結構音が大きいので注意が必要です。

茶軸…よく赤軸と青軸の合間に位置していると言われているスイッチですね。あまり癖の少ないスイッチという印象が強いです。

ちなみにスイッチに関して、そこそこの値段のするキーボードには、
ドイツの『CHERRY社』の『CHERRY MXスイッチ』が搭載されていることが多いです。

赤、青、茶の他にも黒軸や銀軸、Razer社のスイッチで黄色軸、緑軸なんてものもあります。

ちなみに安い中華製メカニカルキーボードには「コピー品」と言って、CheryMXキーのパクリ商品が搭載されていることが良くあります。

基本的に打ち心地は本家と大差ないので、お金に余裕が無い方はコピー品搭載のキーボードの購入も視野に入れてはどうでしょうか。


ここからは僕の話ですが、当初は青軸を検討していました。

ただ、ブログを更新するようになって長時間カチカチ音がするのはちょっとないなと思ったので、

赤軸ないしは茶軸にしようかなと思っています。

コルセア Gaming K63

現段階で最有力候補のコルセアのキーボードですね。
こんな雑なブログ書いてないで早くポチった方が良いんじゃないかという説さえあります(笑)。

このK63、赤軸スイッチを搭載しているキーボードなんですが、
値段もTSUKUMOのオンラインショップで9000円以下と僕の購入希望条件を全て満たしています。(2019年12月時点)

見た目も結構かっこいいし、テンキーが無いのでコンパクト。
RED LEDを搭載しているということで、いわゆる「ゲーミングキーボード」という感じですね。
ゲーミングキーボードということで、Windowsロックボタンも搭載されているようです。


発売が2年以上前と少し古いですが、別にキーボードに流行を求めてはいないので問題ありません。

試し打ちをビックカメラでしましたが、特に不満もなかったので、第一候補です。

ちなみに、K63にはワイヤレスモデルもあるので、線がうっとうしいという方はそちらの購入をお勧めします。
少し高いですが。

ARCHISS ProgresTouch TKL

アーキスのテンキーレスキーボード。

このキーボードに目を付けた理由は、めちゃコンパクトでシンプルな作りが良い感じだったからですね。
Amazonだと、赤軸茶軸青軸に加えて、銀軸静音の赤軸黒軸から選べるようです。 

もちろん軸はコピー品ではありません。CHERRY MXです。

値段もK63とさほど変わりませんね。

差別点としては、K63は1.4キログラムという重量なのに対し、こっちの商品は962グラムという軽量仕様。

さらにことらのキーボードは、
キーの取り外し工具が付属していたり、ケーブルが取り外し可能だったりします。

[ad]

 エレコム EC TK-G01UKBK

 エレコムのテンキーレスメカニカルキーボード。

これは秋葉のヨドバシで見かけたので試し打ちをしたんですが、

作りはシンプルで悪くはないんだけど、

他のキーボードと比べると、キータッチが結構重かった印象です。

黒単色でプラスチック感が結構強めで、

これ買うんだったら、k63買うよなって感じでした。

でも値段はめっちゃ安い。

金にめっちゃ余裕が無かったらこれを買うかもしれないです。

ロジクール SE-G512

 天下のロジクールのフルサイズメカニカルキーボード。

テンキーレスではないですが、ロジクールの10000円以内で買える製品です。

これも試し打ちしましたが、結構好みの打ち心地でした。買うとしたら、これとk63のどちらかになると思います。

おわり

正直キーボード選びって、ネットで調べてるときとか、店頭で試し打ちしてる時が一番楽しかったりします。

ということで、新しく購入したらまた紹介記事でも投稿しようと思います。

ここからは余談ですが、はてなブログで目標にしていたアクセス数にそろそろ届きそうなので、近日中にWardPressに移行しようかなと考えています。

もしよければ別の記事もご覧ください。

以上です。

コメント