【Final E1000】音質良し、音漏れなしの2000円良コスパイヤホンをレビュー!

PC・ガジェット
dav

ガジェット置き場です。

今回は『Final E1000』のレビュー記事です。

実は以前当サイトでは、

FinalE1000のファーストインプレッション記事を作成したことがあります。

ここだけの話、力を入れて記事作成をしなかったこともあり、あまり伸びませんでした。

半分リベンジも兼ねて、この記事を作成しているというのは内緒です。

では本題行きます。

スポンサーリンク

【Final E1000】音質良し、音漏れなしの2000円良コスパイヤホンをレビュー!

FinalE1000はお手頃価格な有線イヤホン

FinalE1000は約2000円から購入できる有線イヤホンです。

有線イヤホンは100円から、

ワイヤレスイヤホンでもダイソーで600円や1000円の商品が購入できる時代。

そんな中、FinalE1000は2000円の有線イヤホンです。

そんな、FinalE1000ですが、

ダイソーイヤホンや格安ワイヤレスイヤホンとは、

間違いなく一線を画すイヤホンです。

以前、3000円程度のワイヤレスイヤホンや、1000円のノーブランド製イヤホン、ダイソーイヤホンなど、

低価格帯のイヤホンを試したことがありますが、

それらと比べても明らかに音質が良い。

癖がない音で、低音も高音も程よく出ているといった印象。

2000円イヤホンとしては、なかなかの実力を見せてくれています。

Final E1000に音漏れはありません!

Final E1000の音漏れってどうなの?

結論、音漏れはありません

耳に装着した状態だと、音漏れはほとんどありません。

というのも、カナル型イヤホンは構造上、音漏れが少ない傾向があります。

耳に装着せずにおいておく分には、

スピーカー部分がさらされているため、多少の音漏れがあるかもしれませんが、

耳に装着した状態での音漏れについては、特段気にする必要はないでしょう。

FnalE1000の音質はそこそこ良い。

2000円のFinal E1000の音質ってどんな感じ?

結論ですが、

FinalE1000の音質はそこそこ良いです。

というのも、Final E1000はハイレゾ対応。

音楽を聴く用のエントリーモデルのイヤホンとしては、

Final E1000という選択肢、悪くないかもしれません。

1万円くらいするイヤホンやヘッドホンと比較すると、どうしても音は劣ってしまいますが、

運営
運営

2000円くらいのイヤホンとしては、悪くない!

というのが正直な感想です。

Final E1000の外観。

Final E1000の外観をお見せします。

ちなみに、僕はFinal E1000にダイソーの低反発イヤーピースを取り付けて使用しています。

これが結構良くて、

普段使いのワイヤレスイヤホン、ヘッドホンの予備イヤホンとして重宝しています。

Final E1000、外観は少しチープかも

ぶっちゃけですが、

FinalE1000の外観に高級感はあまりありません。

いわゆる1000円くらいのイヤホンの見た目です。

また、ボディ自体が小さいのもFinalE1000の特徴です。

この小さなボディ自体を耳に突っ込む感じになるので、これは好き嫌いが分かれそうです。

まとめ:Final E1000は2000円で購入できる良コスパ機種。

というわけで、まとめです。

Final E1000は…
・Amazonで2000円で購入できる。
・ハイレゾ対応で音楽視聴用のエントリーモデルとして最適。
・音漏れはほとんどない。
・音質は悪くない。
・コスパは結構いい。

という感じです。

というわけで、『【Final E1000】音質良し、音漏れなしの2000円良コスパイヤホンをレビュー!』でした。

もしよければ、他の記事もご覧ください。

以上です。

 

Twitterフォローのお願い

当サイト「ガジェット置き場」のTwitterアカウントを新規開設いたしました!

この記事を最後まで読んでくださった皆様、これも何かのご縁ですので、是非古参になっていただけないでしょうか?

是非、フォローお願いします!

URLはコチラ→ガジェット置き場Twitterアカウント

コメント