【検証】FireHD10でPUBGモバイルはどれほど遊べるのか。

PC・ガジェット

PUBGはPC派。ガジェット置き場です。

今回のテーマは「FireHD10でPUBG mobileはプレイできる?」

という記事を作成していこうと思います。

PUBGってPC版は過疎っているイメージですが、

モバイル版はまだまだ人気ですよね。

FireHD10ってセール価格だと1万円以下で購入できるコスパ最強タブレットということもあって、

FireHD10ってPUBGモバイルどのくらいプレイできるの?

と思っている方もいるかもしれません。

今回はそういった方をターゲットにした記事となっています。

では本題です。

スポンサーリンク

【検証】FireHD10でPUBGモバイルはどれほど遊べるのか。

(補足)PUBG モバイルをインストールするにはGooglePlayを利用可能にしないといけない。

まず大前提として、FireHDはGooglePlayストアに対応していません。(デフォルトでは)

OSはFireOSという独自ものを採用されていることもあり、普通のAndroidとは多少仕様が異なります。

なので、デフォルトの状態では、PUBGモバイルをインストールすることすらできないわけです。

しかし、GooglePlayストアを対応させる、裏技的なものも存在していて、

そいつを使うとFireHDをAndroidタブレットに似た感じで利用できます。

ただ、これは非公式の手法になりますので、あくまで自己責任で進める必要があります。

まだ、GooglePlayを導入できないよという方は、

FireHD10 GooglePlay 入れ方」等で調べてみてください。

あくまで非推奨です。とこの場では言っておきます。(建前的に)

PUBGモバイルをFireHDにインストール

GooglePlayを利用できる状態であれば、

後はAndroidスマートフォンと同じように、PUBGモバイルをインストールすることができます。

画像の通り、普通にインストールができました。

他のアプリやゲームも同様にインストールできます。

アプリのインストールにはストレージの空き容量が必要。

アプリのインストールには多少空きが必要です。

僕の場合は、3GBくらい空けるまでインストールが出来ませんでした。

FireHD10のスペックまとめ。

FireHD10を軽くまとめようと思います。

FireHD10スペック
CPU オクタコアMediatek 64bit ARM MT8183@2.0GHz
メモリ(RAM) 3GB
GPU Mali-G72 MP3
重量 465g
ストレージ 32GB
OS FireOS
USB typeC
サイズ  10.1インチ(ディスプレイ)
約2471㎜(幅)×166㎜(奥行き)×9.2㎜(高さ)

さらに詳細を知りたいという方は、製品ページをご覧ください。

搭載GPUはMali-G72 MP3

FireHD10のGPUはMali-G72 MP3。

あまり詳しくないですが、下調べしたところ、そこまでゲームに強くはないという印象です。

2、3年前の中華製ミドルレンジスマホに搭載されているものと同程度の性能という印象を受けました。

実際はどうなのか、気になりますよね。

FireHD10でPUBGモバイルを実際にプレイしてみる。

FireHD10にPUBGモバイルをインストールして、実際にプレイしてみます。

PUBGモバイルは始めた直後はBOTモリモリ仕様なので、

記事作成がやりやすくていいですね(笑)

動画から画像におこしているんですが、480pで撮影したせいで、少し画質が悪くなってしまいました。

多少見づらいところがあるかもしれませんが、ご了承ください。

高画質編

標準の「高」でプレイしてみます。

結論からいうと、普通にプレイできます。

多少カクつくかもと思ったんですが、意外と普通に遊べちゃいます。

今回のプレイの中ではほとんどカクツクことはありませんでした。

次にHDの高画質設定です。

僕の端末では一番高画質設定ですね。

結果は、HDの高設定でプレイすると、たまにカクつきます。

ほとんど動かないのかな…

と思ったんですが、想像以上に最高設定でも動きますね。

ただ、実際に敵と対峙して、撃ち合いとかエイム操作をすることを考えると、

カクツキは致命的なので、最高設定は実用的ではありませんね。

低画質編

おそらく、最もプレイする人が多いであろう、最低画質でプレイしてみます。

画質設定は「スムーズの低」です。

カクツクことなく普通にプレイできます。

PUBGモバイルをFireHD10でプレイするなら、スムーズの低一択でしょうね。

エイム操作も普通にできます。

結論、FireHD10でPUBGモバイルは結構遊べます!

おまけ、FireHD10と数年前のミドルスマホと比較してみる。

先ほど、FireHD10に搭載されているGPUは数年前のミドルスマホに搭載されているものと同レベルと書きましたが、実際に比較してみようと思います。

①RedmiNote10Pro(1年前のミドルレンジスマホ)

②HuaweiP20lite(4年前のミドルレンジスマホ)

結論としては、

①(RedmiNote10Pro)>FireHD10>②(HuaweiP20lite)

まあ、想像通りの結果ですね。

僕は昔、P20liteでPUBGモバイルを遊んでいましたが、最低画質なら普通に遊べるけど、結構カクつくし、動作も不安定だし。

それに対して、RedmiNote10Proはそれなりに遊べます。

FireHD10はちょうどその間くらいの感覚ですね。

FireHD10でPUBGモバイルは結構遊べる。でもガチ勢にはちょっときついかも。

ガチで遊ぶには力不足だけど、ライト勢だったらこれでも十分。

というのが感想です。

俺はガチでPUBGモバイルを遊びたいんだ!

という方は、iPad Proとか、ハイエンドスマホの購入一択だと思いますが、

別に、ちょっと暇つぶしでやるくらいだし…

というようなライト勢の方は、FireHD10でPUBGモバイル、結構いいのでは?と思います。

まとめ、FireHD10でPUBGモバイルは結構遊べます!

まとめです。

FireHD10でPUBGモバイルはかなり遊べます!
・最高設定ではたまにカクツクので、実用的ではない。
・最低設定だと普通に遊べる!
ライト勢の暇つぶし程度なら、FireHD10×PUBGモバイルの組み合わせでもOK!

という感じです。

というわけで、「【検証】FireHD10でPUBGモバイルはどれほど遊べるのか。」でした。

当サイトでは、他のガジェット記事も投稿していますので、是非ご覧ください。

以上です。

Twitterフォローのお願い

当サイト「ガジェット置き場」のTwitterアカウントを新規開設いたしました!

この記事を最後まで読んでくださった皆様、これも何かのご縁ですので、是非古参になっていただけないでしょうか?

是非、フォローお願いします!

URLはコチラ→ガジェット置き場Twitterアカウント

コメント